無職でも即日20万借りる方法とは

無職でも即日20万借りる方法とは

原則として無職だと借入できない

仕事を失って無収入になってしまうと、転職活動をするのも容易ではありません。そんなときは一時的にお金を借りたいと思ってしまうでしょうが、キャッシングやカードローンなどの融資ハードルの低いローンにおいても、無職では借りることができません。ローンというのはクレジットカードより審査が厳格で、未成年に対応したものはほとんどありません。原則として20歳以上、かつ安定・定期的な収入がある人が最低条件となるのです。20万という金額は大したことがないと感じるかもしれませんが、収入がない状態では返済できないでしょう。お金は借りることよりも、返すほうが何倍もハードルが高いものです。

自身に収入がないのであれば、金融機関から借りることはできません。困ったときほどヤミ金の勧誘に乗ってしまいがちですが、困ったときに相手からうまい話を持ち出してくるなど極めて怪しいものです。特に注意したいのは過去に債務整理をした方で、個人再生や自己破産をした方は自宅に電話を入れてくるヤミ金もいます。官報という政府の情報誌は一般市民も見ることができ、それに破産者名簿などが載っているのです。こうした情報を悪用し、悪徳業者はお金に困っている人に超高金利で貸付を行っているのです。お金に困っているときは冷静な判断力がなくなり、思わずヤミ金のうまい話に乗りがちになりますが、世の中に甘い話などないことを覚えておきましょう。

少なくとも実店舗を構えていない業者というのは極めて怪しいものです。銀行の場合だと実店舗なしのネットバンキングも普及していますが、ノンバンクで実店舗のない業者を利用するときは十分な情報収集が必要でしょう。仕事をしていない方が20万を即日で借りる方法は、現実的には誰かから借りることです。親、兄弟、友人などから借りるケースが多いでしょうが、20万というまとまった金額では友人が貸してくれる可能性は低いはずです。必然的に親や兄弟に頼み込んで借入する方法が一般的でしょう。

くれぐれも注意したいのは、収入がないのにあると嘘をついてローンの申し込みをすることです。嘘をついてもすぐに発覚するので、消費者金融・銀行・街金を問わずに借りることはできません。個人信用情報は各金融機関がデータ開示要求ができる仕組みなので、過去の利用履歴も知られてしまうのです。嘘をついて融資を受けることを考えず、自身の返済能力の範囲で申し込むことが大切となります。

 

専業主婦なら借りられる可能性もあり

仕事をしていないと20万を借りることはできませんが、専業主婦の場合は例外的に貸してくれる金融機関もあります。消費者金融や信販会社は対象外となり、一部の銀行や信用金庫などが対応しているのです。この場合はもちろん借り手が既婚であり、配偶者が収入を得ていることが最低条件となります。配偶者の収入を基準として融資額が決定されるので、自分は無職でも借りることができるのです。専業主婦が即日で借入できる金額は、多くても30万と言われています。20万という金額はやや微妙なところであり、新規の融資では不可となる場合もあります。事前に金融機関に相談し、即日で20万の借入が可能か聞いておくのもいいでしょう。

借入できる可能性の有無を知っておくのは、ローン選びをする上でも大切なことです。審査に通過するのが無理とわかっているローンには、最初から申し込まないほうがよいのです。自分にとって難易度が著しく高いローンよりも、比較的借りやすいローンに申し込んだほうが現実的でしょう。今すぐに借りたい状況においては、無理をして審査日数が延びることだけは避けたいものです。20万という金額はキャッシングの限度額としてはそれほど大きくはありませんが、初回融資というのは少ない融資額が設定されるものです。例えば100万をラクラク借入できる能力のあるサラリーマンでも、初回は30万といった少ない金額からスタートすることが多々あります。

パートやアルバイトの方だと、20万は初回融資で借入できる上限と考えたほうがいいかもしれません。初回で50万借りられたという方もいますが、金額が大きくなるほど審査に落ちる可能性が高くなるのは間違いないのです。即日で20万円を借りるには、借りられる可能性の高い金融機関を選ぶのが得策でしょう。他社のローン利用においては、ないほうが間違いなくよいです。ただ、1件くらいの借入があっても、さほど審査には影響しない場合もあります。

貸金業者の考えによって変わってきますが、2件以上の借入があると審査に影響してくる傾向があります。借入先が多い場合は、20万に加えて旧ローンを一本化することも考えてみましょう。一般化に対応しているローンなら、おまとめ目的での借入に対して積極的に対応してくれます。おまとめ専用ローンも便利ですが、おまとめ用途以外では借りられないケースもあるので確認しておきましょう。